アーチャリーと呼ばないで(3日目・静岡~名古屋)

やっぱり真夏の静岡は暑い。
そう改めて実感した・・。
寝る時も、寝てからもとにかく暑い!

更にはよりにもよってあたしのカペタくんはボディが黒、そしてノンスモーク!
おまけに古い車なのでガラスもUVカットなんてありゃしない。
日が昇り始める頃から、車の中の温度はうなぎ登りだっつうの。

当然2人とも、目が覚めた時は汗だくだった。
命からがら起きだし、この先の旅を少し不安に思う。
長旅だし、寝れないのはキツイよなぁ~っ。

しかし、放浪人たるもの、杞憂することなかれ!!
あっという間に気を取り直し、
とりあえず馴染みのあるスーパー銭湯に向かうコトにした。

とにかくこの旅の基本は、朝風呂。
この暑さだし、どうせ寝ている間に汗をかくのだ。
夜入ったって仕方ない。
夜は化粧だけ落とし(そろそろお肌も気になる24歳。化粧だけはナニが何でも落とします!)
そのまま眠りにつく。
そして朝起きたらお風呂に入ってリフレッシュし、出発するのである。

この日行った「スーパー銭湯 富士の湯」は、
短大時代を静岡で過ごしたあたしたちにとって馴染みの深い銭湯。

とは言ってもできたのは卒業してからだったかな・・忘れちゃったけど、
卒業してからも何度と無く静岡には遊びに行っていたので、
友達のアパートに泊めてもらって、夜、お風呂は富士の湯!ってのが定番だった。
それでも、四大に通っていた友達が卒業してしまってからは
静岡には普通に宿をとったりして遊びに行っていたので結構久々。
そんな懐かしの富士の湯でお風呂に入りリフレッシュして、
本日の活動開始なのである。

次のお友達・上楽くんに会うために、清水に向け車を走らせる。
途中、海が見えてきてテンションは急上昇!
静岡に住んでた時は割と身近に感じていた海だったけど、
やっぱり何度見てもいいなぁ~

東海大海洋学部に着き、待ち合わせた上楽くんと会った。
上楽くんとはかなり久しぶりの再会だったけど、全然変わってなくて嬉しかった!
”上”に”楽(しい)”と書くこの名前。。正にアナタのために!といったカンジ。
ホントに言うコト言うコト面白くて、あまりの面白さに
JOJOとあたしは彼の後を連いて歩いていたくらいだ。

上楽くんと。風が異様に強かったな。。

上楽くんにも、スケッチブックにメッセージを書いてもらった。
この旅のテーマは、大学時代や就職してから知り合って
その後各地に散ってしまった友達を訪ね歩くことだけど、
加えて、そのなかなか会えなくなってしまった友達同士を繋ぐコトも目的のひとつだった。
あたしたちへのメッセージを書いてくれてもいいし
あたしたちがこの後会う友達で、自分の知っている人がいたら
その人へのメッセージを書いてくれればあたしたちがメッセージをお届けしますよ、という・・
車に乗ってふらりと現れたメッセンジャーなのだ。(そんないいモンじゃねーって?)

上楽くんも、磐田と名古屋の友達に向けてのメッセージを書いてくれた。

ナオへ 生きてるか
マツイへ 子供みせて!

そして上楽くんとバイバイし、磐田に住むなおじゅんに会いに行く。
途中、海がめっちゃキレイだった。
国1と東海道線が併走しているところがあって、とても好きなポイントなのだ。
電車で通っても、車で走ってもなんか奇妙な気分になって浮かれてしまう。

ここで、旅のスケッチブックよりあたしたちの落書きを抜粋。

手をつないで歩いているオジサンを見た。
「たかこマッサージ 乳もみいたします。」という看板発見!!
マジびびったって・・・
そりゃ食いつくっちゅーの(・ω・;)

・・・ホントくだらねーな・・・
でも、楽しさだけは伝わるでしょ?
こんなカンジで、道中気になるものを見つけては楽しんでるのさ!!

トコロで。あたしたちの移動は車なので時間はあくまでも「だいたい」しか分からない。
道の混み具合にも大きく左右される。
近くまで来たら連絡するね~ってカンジだから
待ち合わせする相手としてみたらいい迷惑だったろうな。
今考えると、よくちゃんと全員と会えたなぁ~と我がことながら感心!
っていうか、こんな彗星みたいなヤツと
予定合わせてくれてホントありがとう、みんな・・(涙)

でも、中にはこんなヤツも居たのだ。(またまた旅のスケッチブックより抜粋)

PM4:04
なおじゅん待ちでガストの駐車場。
なかなか来ない・・・と思ったら今TELが!!
「着いたら電話しなきゃー」とか言って、お前「ガストの駐車場で待ってろ」って言ったろ(怒)
今から出るらしい・・・まったく。。。

それから15分くらいしてからかな?なおじゅんが悪びれもせずに現れた・・。
今回会うメンバーの中で、なおじゅんは一番古い付き合いの友達。
それだけにお互い遠慮も気遣いもないのだ。(それにしたって・・・)
そして現れるなり、あたしたちの生活感溢れる車を見て
「オマエら・・・アーチャリーみたいだな」
と言い放ちやがった。
この野郎・・・。
(すっかり皆様お忘れでしょうが。。「アーチャリー」とは、かのオ○ム真理教教祖の三女です。。)

久々に会ったにも関わらず遠慮のなさ過ぎななおじゅんの物言いに
懐かしさと共に軽い怒りを憶えつつ(ウソウソ。もう慣れてるよ・・・)
3人でケーキを食べに行くコトに。

いつ会っても全然違和感を感じないので一体いつぶりなのか、とかわかんなくなるけど
多分久しぶりだったんだろう。。
お店に入って話を聞くと、なおじゅんがこの後同窓会に行くらしいコトが判明。
あたしたちに、このまま浜松駅まで乗っけてって欲しいという。

えっ・・・・。
その格好で・・・?

あたしとJOJOの心は多分ひとつだった。
だってだって。その時のなおじゅんの格好と言ったら、
水色のハーフパンツにTシャツにビーサン・・・
近所のコンビニくらいならOK!?ってくらいの格好だったんですもの。(写真参照)

それでも「一旦家に帰って着替えから行くんだろう」くらいに思っていたのに
どうやらそのまま行くらしい・・・

「ちょっとちょっと!その格好で行く気!?同窓会ってそういうもん!?」
とあたしたちが騒ぐと彼は少し不安になったらしく、浜松駅で様子を見ると言い出した。
ナゼか車中泊の序盤にして浜松駅で張り込みをするハメになったあたしたち・・・。
後部座席ではなおじゅんが初めてテレクラで待ち合わせしたくらいのドキドキ顔で
待ち合わせ場所付近をチェックしている。
しかし全然仲良かった人が現れなかったらしく、
ブルーになった彼は結局悩んだ末に同窓会には行かず、帰っていった。。
(その間、悩むこと約45分)

・・・いったいなんだったんだ・・・。

とりあえず、こんななおじゅんも、メッセージを残してくれたよ。。

ナオです。サーフィン頑張ってます。
台風がきて危険な日々が続きますが、あの世に行かぬように気をつけます。
再就職も頑張ります。

なおじゅんとバイバイした後、チャビンに会いに名古屋へ向かった。
PM10:00頃到着。
オイオイ、、随分ズレ込んだな・・
チャビンに関しては会う気になってくれるかどうかすら謎だったのだが、
面白がっていたのか(?)ちゃんと待ち合わせに応じてくれた。
こう書くと「ホントに友達なのかよ!?」と思われそうだけども
チャビンを知ってる人なら納得してくれるハズ。。

とりあえず、みんな夕食がまだだったので、ガストに入る。
ご飯を食べながらチャビンと恋愛観について語ったが、やっぱりよく分からなかった。
2人で責めちゃってごめんね、チャビン・・・(笑)
夜中1時頃までガストでくっちゃべって、
結局チャビンに夕飯を奢ってもらってしまった。
またしても。。
あんなに責めたのに夕飯ご馳走してくれるなんて・・・実はいいヤツ?←失礼。
イヤイヤ、ホントにどうもありがとー!
てゆーか、みんななんでそんなにあたしたちが哀れなんだろーか。。。


久々に会ったチャビンは髪が伸びてなんだか可愛くなっていた。。

スケッチブックには怪しげな絵つきでメッセージを残してくれたよ。

チャビです。
日本油脂の爆発事故もしっかりヤジ馬してきました。
カノジョはいませんが、刺されない程度に遊んでおります。
シルバーアクセの教室に通い出したので、作って欲しい人は連絡を。

・・・ホントに刺されんなよ~?

チャビンと別れたのは1時半頃・・次は松井くんだ。
松井くんは、ホントはとっても怖い人なんだけど、あたしたちにはなぜか昔から優しかった。
クルミを剥いて食べさせてくれたり、眉ペンをナイフで削ってくれたり。
夕飯を奢ってくれたりもしたなぁ~。
多分、小動物のようなあたしたちを見て保護本能が刺激されたんだろう。。
「女に」というよりは、子供に対するような態度だったもの。
あたしたちもあたしたちで彼には安心しきって甘えていて、
よく静岡放浪の際に部屋に泊まらせてもらったりしていた。
彼はいつもあたしたちにベッドを譲ってくれ、自分は床で寝るのだ。
・・・少女漫画か。(笑)

しかしあたしたちはそんな優しい彼に対してとってもヒドかった。
ある時は自分たちの食べる分のケーキだけを買って帰宅(※もちろん、松井くんの部屋に。)し、
ある時は「寂しいので早く戻ってきてください」
(たまにナゼか彼は敬語を使っていた・・・)という松井くんを部屋に残し、
出先で夕飯・ケーキを食べた挙句に
結局彼にはたこ焼きしか買って帰らなかった、なんてコトも・・・。
今思い返すとなんてヒドイんだ(涙)。
それでも、松井くんは相変わらずあたしたちには優しかった。
ちょっと名古屋をドライブした後、ラーメン横綱でラーメンを奢ってもらってしまう。
ご馳走さまでした!ありがとー!!

ていうかマジ、タカリの旅だよ・・・

それはさて置き、名古屋ではちょっと前まで拉致が流行っていたらしい・・・。
不思議なほど若い女の子が歩いてなかった。
オイオイ。待て待て・・・。
拉致が流行るってイッタイどういう・・・。
名古屋は恐ろしいトコロだ。(名古屋の人、ゴメンなさい)

永遠のジェントルマン・松井くんからのメッセージ

ミヨシへ
名古屋に遊びに来てくれ
伊豆へ遊びに行くときさそって。            マツイ

深夜 松井くんと別れ、また車を走らせる。
三重県に入ったトコロで見つけたドライブインに入るコトに。
本日の宿は「オートレストラン長島」だよー。

Advertisements

未来日記に導かれ・・・(2日目・千葉~静岡)

朝起きて、離れになっているOちゃんの部屋をソォ~っと出たあたし達だったが、
まんまとOちゃんのご両親に見つかってしまった。
少々間の抜けた旅立ちになってしまったが致し方ない。。。
気を取り直し、早々にOちゃん家を後にした。
みっちゃんが道中食べるようにとくれた、お菓子袋を持って・・・(ありがとー。道中大事に食べます!)

さて、一日のスタートを切ったあたし達のまず一番最初にするべき仕事は、風呂探しだ。
スーパー銭湯「やまとの湯」というのを見つけサッパリした後は
次にお昼ご飯を調達するために地元のスーパーへと足を運んだ。
今日のお昼は、おにぎり、いも天、コロッケ、からあげ、etc・・・食べすぎ!?
かなり満腹になってしまったあたし達は、金町に住むマルに会うために再び車を走らせた。

マルは、あたし達が短大1年の時、三島に行ったばかりの頃によく遊んでいた友達だった。
海で花火したり、東京までドライブしたり・・・
あたし達をいろんな所に遊びに連れて行って楽しませてくれていたマル。
卒業してからも、「寅さん」で知られている柴又の高木屋老舗でバイトしていたマルに、
あたし達は時々会いに行ったりしていた。
そしていつもお土産に高木屋老舗のお団子をもらってしまっていたのだ。
とっても面白くて優しくて、本当にマルにはお世話になりっぱなしだったような気がする。。
この日も仕事中だったにも関わらず、あたし達が会いに行くと、わざわざ時間を割いてくれ、
しかもかき氷まで奢ってくれたのだった。(うぅ、ありがとう。。。)

  高木屋老舗にてマルと。

そして、更にお持ち帰りにお煎餅を大量にもらってしまった。
高木屋老舗の手焼き煎餅だ!
あたしもワカナも、このお煎餅の大ファンだった。
ありがとう・・・ちょーうまい。。
そして、次の目的地を目指して旅立つあたし達の為に
マルがスケッチブックにアドバイスと地図を書いてくれた。

アドバイス
①車の中で寝るのが疲れたときは。湯宴ランドのようなものがあるので、そこで仮眠をとりましょう。
②交代で寝るのはやめましょう。
③夜の暗い山道は幽霊がでるので気をうけて(体験談・苦笑)。
④ガソリンは早めに入れてね。
ランプがついたらエアコンを切って、窓を開けてね。その時は髪の毛に気をつけて。
⑤ご飯はケチらずに、その土地のものを食べましょう。

何から何までありがとう、マル・・・。
道中走りながら食べたお煎餅は、なんと島根までもったよ・・・!

そうして柴又を後にしたあたし達は、次におやびんに会うために小田原へと向かった。
国道1号を南下し、小田原に着くころにはすっかり辺りが暗くなっていた。
待ち合わせ場所に、おやびんが買ったばかりのBMWに乗って現れた!
元旦生まれで奥田民夫似のおやびんは、とにかく楽しい人なのだ。
社会人になっても変わらないおやびんのテンションが、なんだかとっても嬉しかった。
ピカピカに輝くBMWと記念写真を撮り、乗せてもらうと、滑るような乗り心地にビックリ。
さすがはBMW・・・

  おやびん&わかな&BMW

              おやびん&JOJO&BMW

そして、おやびんと夕飯にイタ飯(笑)を食べに行ったあたし達は
ここでも再び奢ってもらってしまったのである。
ごちそう様でしたぁ。ありがとー!
スケッチブックを片手に、旅先で奢ってもらう・・・本当に山下清の旅のようだ。。。
もちろん、おやびんにもスケッチブックにコメントを書いてもらった。
おやびんのテンションの高さが、若さを物語っているようだ(笑)

オヤビン参上!!
毎日つかれている・・・。

      シャクワイ
<未来日記~あの日の思い出~>
2人の女性は清水で寿司をある男からおごってもらうだろう。
しかも特上!!

お気をつけて!!チャオ!!
                        湘南の申し子 その名も
                                    オヤビン

未来日記・・・懐かしい!!
今はもう忘れ去られているけど、当時“あいのり”並に流行っていた番組だった。
「初対面の男女が日記に書かれている通りに行動する」という
今で言う“恋するハニカミ”の一般人バージョンといったトコロだろうか・・・?

おやびんと別れたあたし達は、おやびんの未来日記に従い
清水で友達に会うために、夜の国道1号線を再び南下した。
そして深夜に差し掛かった頃・・・、沼津を過ぎた辺りに道の駅「富士」を見つけ、今回初の車中泊!

9泊10日の旅、スタート!!

「車さえあればどこまででも行けるよね~。停まれば部屋になるし!」

—という何気ない(?)一言からこの旅の計画は始まった。

最初は実現するとかしないとかも考えずに、思いつくまま2人で盛り上がっているだけだった。
それが、いつの間にか「・・・行っちゃう!?」という方向へ。。

流れとしては

「出雲大社行ってみてぇ!」
目的地決定。

「お盆休み丸々使ってさ~夏ならジーパンにキャミとかで、
服が足りなくなったらコインランドリーで洗濯して
タオルとかバッサバサ窓から干しながら走ったりさ~。超かっこよくない!?」
旅のスタイル決定。

「どうせなら、西方面に友達集中してるから会いながら行きたいよね。」
旅の目的決定。

「全部車中泊で行くとしたら宿代かからないし、下道で行けば高速代かかんないし、
行けそうじゃない!?」
行くことほぼ決定。

こんなカンジである。

今回は特に決め手もあった。
もう24だし、友達もいつ結婚してもおかしくないし、会いに行くなら今!

決まってしまえば、あとは早い。

元々旅がダイスキで、数々の旅をこなしてきたあたしたち。
北関東にある自分たちの家からゴールである島根までの間に会えそうな友達をピックアップし、
アポを取り、大体の日程だけを決めてあっという間にこの日を迎えた。

期間は8/11~20の10日間。
この10日で島根まで下道で往復・・・
もちろん、基本は車に寝泊りする車中泊の旅!

往路で大阪、復路で横浜の2泊だけは1人暮らしの友達に泊めてもらう約束は取りつけたので、
そこはドラクエでいうと宿屋のようなもの。
大事なHP回復ポイントだ。

人にはこの計画の話をする度に「よくやるよね~・・・」と呆れられたりしたけど、
あたしたちにとってはこんなにワクワクする企画はない!ってカンジだった。
もはやこれは変態の域?

初日は、普通に仕事を終えた金曜日の夜。
やや南部に住んでいるあたしの地元へ、JOJOが大荷物を持ってやってきた。
ノンスモークのおっさんカペラカーゴに乗り込み、
いざ、千葉市付近に住んでいる友達のもとへ・・

と、その前に幹事として8月26日に同窓会の企画までしていたあたし達は、
同窓生へのアポ取りという任務も遂行しなければならなかった。

今思えば車中泊から戻ってくるのは20日だというのに
26日に同窓会をやろうだなんて、かなり無謀じゃないかい?

でも、この時はあまり疑問にも思ってなかった。
デニーズで夕飯を食べながら、まだ返事をくれていない同窓生に説得の電話をかける。
短大時代のコンパの勧誘で培った粘りと口説きで、
あたしたちは怪しいセールスレディのようになっていた。。。

(ワカナ)

無事任務を終えたあたし達は、まず最初に千葉県某所に住むOちゃんの家へと向かった。
するとOちゃんの仲間があたし達の為に集まってくれていた。
いつもボードに連れて行ってくれるメンバーだった。
みんな、あたし達のこの無謀な旅の門出を応援するべく集まってくれたのだ。
有難い。。。
でも、久しぶりに会ったOちゃんはちょっと仕事に疲れているようだった・・・。

変顔の走り!?

今回、あたし達は山下清のようにスケッチブックを持って旅をしていた。
みんなにスケッチブックにコメントを書いてもらう為に。
(山下清は自分で描いていたけれど)
この日集まってくれたみんなにも、スケッチブックに落書きとも言えるコメントをたくさん書いてもらった。

私は相変わらずついてないような今日この頃です。
学生の時は周りの者が運悪いなーとか言っても自分は運が良いと思っていましたが、
最近は自分でも気づいてしまいました。
オオツカ君カドグチ君元気ですか?私は普通に生きてます。

Oちゃん、、、
悲しすぎます・・・

3年後の8月20日
高橋君がフリーもしくは、JOJO ワカナどちらかがフリーだったら、昼の12時に筑波山で会いましょう。

ホントは車中泊の最後に見ろと言われていたのに、すっかり忘れてました。
ごめんなさい・・・
結局果たされず、しかもフリーどころかあたし達2人共結婚しちゃってたよ。

そんなこんなですっかり長居をしてしまい、、、
車中泊するはずが、この日はOちゃんのベッドを占領して眠りについたのだった。
(JOJO)